【完全無料】 絶対に持っておくべきインジケーター4選

インジケーター解説ブログ

今回ご紹介するのは、インターネット上で『無料で手に入る』とても便利インジケーターを4つご紹介させていただきます!

小粒なものから、非常に効果的なものまで「あったら確実にトレード環境が向上する」をテーマに厳選したインジケーターをピックアップしました!

ぜひ、今回ご紹介したインジケーターの中で気になるものがあれば、インジケーター名をGoogleなどで検索していただければと思います!

MT4に『日本時間』を表示するインジケーター



あなたはMT4を使っていて、表示されている時間が日本時間とズレていることを不便に感じたことはありませんか?

実はコレ、MT4の開発元である「MetaQuotes社」が、キプロス共和国にあり、その国の時間を初期設定にしているからと言われています。

確かに、キプロス共和国と日本の時差は6時間とあるので、MT4に表示されている時間とも一致します。

つまり、普通にMT4を利用する場合、

MT4の9時は、日本時間の15時
MT4の12時は、日本時間の18時

といった具合に、6時間の時差を頭に入れてトレードをしないといけないわけです。

慣れればカンタンかもしれませんが、そもそもこんな部分に労力を使わなくて済むなら対策したいですよね。

そこで今回紹介インジケーターを使って「MT4上にも日本時間を表示」させてみましょう。



ただMT4に日本時間が表示されるだけなのですが、これを使えば東京時間から欧州時間の切り替わり、欧州時間からNY時間への切り替わりといった、市場毎の時間を意識した分析が直感的にできるようになります。

ぜひ興味のある方は『JPN_Time_SubZero.mq4』で検索してみてください!

トレンドラインを自動で引いてくれるインジケーター

相場分析で必須となるのが「トレンドラインを正しく引けるかどうか」という点にあったりします。

トレンドラインがわかれば、現在の相場の方向性だけでなく、ブレイク後のトレード戦略にも役立ちます。そのため初心者の方であれば、なるべく早く自力で引けるようになったほうが良いのは確かです。

とはいえ、慣れないうちは「どこに引けばいいのか分からない・・・」という状況が続いてしまい、肝心の相場分析が、後手後手になってしまうことも考えられます。

あるいはそもそも「ライン引くのが面倒くさい」といった方もいるかもしれません。

そこで、今回ご紹介するのは、そんなトレンドラインを「全自動で引いてくれるインジケーター」です!



このインジケーターを導入すると、直近の意識されている価格帯に対してトレンドラインが自動で引かれるので、常に最新のラインでトレードをすることが可能になります!

これまでラインの正しい引き方が分からなかった方や、面倒くさくてラインを引いていなかった方も、ぜひこのインジケーターを導入してみてはいかがでしょうか?

※今回使用したインジケーターは「SHI_Channel_Fast.ex4」です。

通貨の強弱が分かるインジケーター

FXでトレードをする際に、通貨ペア選びは慎重に行わないといけません。

なぜなら選んだ通貨ペアが、これから上昇するのか、それとも下落するのか、あらかじめ把握して適切な方向にエントリーしなければならないからです。

ですが、通貨ペア選びの段階から、いかにしてその通貨ペアの方向性を知れば良いのでしょうか?

実は、通貨ペアの上昇・下落は、組み合わされた通貨の「力関係」である程度判断できるのです。

例えば、ドル円の場合、 米ドル / 日本円 の組み合わせなんですが、

米ドル【強い】/日本円【弱い】 → ドル円相場は『上昇』
米ドル【弱い】/日本円【強い】 → ドル円相場は『下落』

このように定義づけられています。
もちろん100%この通りになるわけではありませんが、少なくとも、世界中のトレーダーが、この通貨の「力関係」をひとつの判断材料としてトレードする通貨ペアを選んでいるのです。

しかし、そんな通貨の「力関係」は、どうやって知ればいいのでしょうか?

ご安心ください!

通貨の「力関係」を知れるインジケーターも存在するんです!



このインジケーターでは、上にあるラインの通貨ほど「強く」、逆に下の方にある通貨ほど「弱い」と定義されます。

つまり上のラインと下のラインの組み合わせを選べば、よりわかりやすく通貨ペアが選定できるでしょう。

もしも毎回、通貨ペア選びで迷ってしまうという方は、一度試してみることをオススメします!

※今回使用したインジケーターは「old CCFp & alerts.mq4」です。

エリオット波動を自動で検知するインジケーター

あなたは「エリオット波動」という有名なFXの理論をご存じでしょうか。

「エリオット波動」の理論では、相場は『5つの上昇波』と『3つの下降波』が1セットになっているというものです。
実際、世界中のトレーダーがこの「エリオット波動」を意識したトレードを実行しているため、この理論を使ったトレードは非常に有効性の高いものと考えられています。

例えば、

「ここは第2波の終わりだから、次の第3波で買いエントリーしよう!」

だったり、

「もう第5波か・・・ここからは上昇が望めないから決済しちゃおう」

といった、「エリオット波動」の理論を活かした、トレード判断が、カンタンできるようになるわけです。

しかし、相場の中から「エリオット波動を見つけろ」と言われても、かなり手練れのトレーダーでなければすぐに見つけられません。

ましてや初心者であれば猶更です。

だからこそ、今回ご紹介する「自動でエリオット波動を見つけてくれるインジケーター」はとても重宝されています。



上図の様に、このインジケーターを導入することで、エリオット波動に当てはまる『5つの上昇波』と『3つの下降波』が全て自動で表示されます。

つまり、直近の相場局面が、「エリオット波動の第何波なのか?」というのが、分析を一切必要とせずに、誰でも瞬時に判断可能になります。

そのチャートパターンだけ理解していれば、初心者でも経験者でも、「エリオット波動」をベースとした狙うべきエントリー方向が的確に掴めるようになるでしょう。

ぜひ、「エリオット波動」を使ったトレードを手軽にしてみたいという方は、導入を検討してみてください!

※今回使用したインジケーターは「Elliott_zigzag.ex4」です。

まとめ

ということで、今回の記事では、「あったら確実にトレード環境が向上する」完全無料でダウンロード可能なインジケーターを4つ、ご紹介しました。

劇的にトレード環境が変化するものから、ちょっと便利になるものまで、様々なタイプのインジケーターがあったと思います。

ですが、今回ピックアップしたどのインジケーターでも、ひとつ確かに言えることがあります。

それは、どれも実用的で、今日からすぐに利用可能であり、これまでとは違ったトレードチャンスを手にすることができるようになるでしょう。

そして、あなたのトレードで確実に良い結果を残してくれるはず!

また、ここでご紹介した他にも、インターネット上には様々なインジケーターがあるので、あなたが欲しいと思っているインジケーターも、もしかしたら無料で手に入ってしまうかもしれません。

ぜひ、今後のトレード環境改善のためにも、積極的に無料のインジケーターなどは利用していきましょう!