決まった時間にレートが上がる!?「ごとうび」の魅力とは

インジケーター解説ブログ

この記事では、「ごとうび」について取り上げます。

不規則に動く為替相場であっても、ある程度は世間の慣習に影響を受けながら変動します。

それだけに、多くのFXトレーダーから「この日は○○の日だから、トレードするチャンス!」と認識されている日があります。

その一つが「ごどうび(五十日)」です。

「ごとうび」は短期間かつ定期的に何回もやってくるため、知っておくと市場の動きを予測しやすくなるでしょう。

※なお、「五十日」の正式な読み方は「ごとおび、ごとび」ですが、慣用的に「ごとうび」と読む場合も多いため、この記事では「ごとうび」に記載を統一します。

「ごとうび」は主に5の倍数にあたる日

日本の企業や銀行の多くは慣習的に毎月5の倍数にあたる日に決済することから、「ごとうび(五十日)」という言葉が生まれました。

「ごとうび」に該当する日は、毎月5日、10日、15日、20日、25日、月末日(30日に限らない)です。

特に月末日は、「ごとうび」のなかで最も企業の決済が集中する傾向があります。

「ごとうび」では「ドル円」などの通貨ペアが、特徴的な値動きを見せるケースが多いことから、このタイミングを狙ったトレード手法が確立されています。

「ごとうび」にはドルの価格が上がりやすい時間帯がある

特徴的な値動きが現れるのは、「ごとうび」当日の午前9時から10時ごろです。

午前9時に東京市場がオープンした直後から、輸入企業によるドル買い注文が集中し、ドルの価格を押し上げます(海外への支払いには海外通貨が必要となるケースが多いため)。

そして午前9時55分ごろには、外国為替取引時の基準レートである仲値(なかね)が銀行から発表されると、ドル売り優勢へと変わっていきます。

トレーダーはこの約1時間のレート上昇をうまく利用できれば、毎回同じように利益を狙うことが可能です。

ただし、「ごとうび」は輸出企業によるドル売りも同時に行われるため、必ずしもドルの価格が上昇するとは限らないので注意しておきましょう。

「ごとうび」はクロス円も上昇しやすい

「ごとうび」に「ドル円」が上昇した場合、「ユーロ円」「ポンド円」「オーストラリアドル円」「ニュージードル円」といったクロス円の価格についても上昇する傾向があります。
特にクロス円の中でも、ドルの値動きがダイレクトに反映される「ドル円」と、ドルの影響を受けやすい「ユーロ円」は、「ごとうび」の影響を受けやすいです。

「ユーロ円」は「ドル円」よりもボラティリティが大きいので、より大きな利益を狙いたいならユーロ円を狙うという戦略も有効です。

「ごとうび」を攻略するためには

「ごとうび」の攻略方法は非常にシンプル。

東京市場が開く午前9時に買いでポジションを保有し、仲値の発表が終わった午前10時に決済するだけ。

保有時間も1時間ほどと、非常に短いながらもその効果は絶大なため、日本の多くの投資家も使う鉄板トレードパターンです。

特に、多くの企業で月の決算締日となる20日と月末日、給料支払となる5日は、他の「ごとうび」と比べても勝率や狙える利益の大きさも段違いです。
また、カレンダーの都合上「ごとうび」が土日に絡む場合には前倒しで決済が起きることもありますので、事前にカレンダーのチェックは怠らないようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

この記事では「ごとうび」の概要と具体的なトレード戦略について解説しました。

為替相場という不規則的に変動し続ける相場の中でも、かなりの高確率で攻めやすいポイントなので、FX初心者の方でもカンタンに利益を狙いやすいでしょう。

そして近日公開予定の記事では、「ごとうび」を狙ったトレードでどれぐらいの利益が狙えるのか、検証した結果をお届けしますので、どうぞお楽しみに。