【9月相場分析】2度あったトレンド転換の適切な戦略とは

インジケーター解説ブログ,相場分析動画

初めに

9月も終わり、過ごしやすい季節になってきましたね。

この気候の変化とともに、ドル円相場では9月中盤から後半にかけて、急激な動きがありました。

その背景にあったのは、世界の投資家が注目するアメリカの金融政策を決定するFOMC。

そうした動きの激しい相場において、

◆トレンドの向きの判断が難しい
◆エントリーポイントを判断できない
◆損切をどこに置けばいいかわからない

と悩み、その時の焦せりや勢いでエントリーしてしまう方、あるいは不安でエントリーできない方もいるでしょう。

そんな方のために今月のような激動のトレンド相場で、より確実に高勝率を狙うためには、どのようなエントリー判断が最適だったのか、どんな戦略をするべきだったのか、そのあたり詳しく説明していきますね。

それでは、今月も張り切って、9月の相場振り返りと10月の展望について、一緒に考察していきましょう!

通貨ペア

基本的にこのブログで解説していく通貨ペアは、「ドル、円、ユーロ、ポンド、オージー」であり、それぞれクロス円、ドルストレートの組み合わせです。

今回はその中でも、日本人にとって馴染みの深い『ドル円』を解析していきます。

全体の概要

それでは早速、8月の後半から9月初旬にかけてのチャートを確認していきましょう。
▼下記の画像は、ドル円1時間足チャートです。※縦の赤ライン以降が8月の相場です。
チャート
黄色の矢印が示すように8月後半はじわじわと価格が上昇していたのですが、9月初旬以降は少しずつ下落していることがわかりますね。

そして、9月中旬に実施されたあることがきっかけで、後半は一気に価格が急上昇。

このうなぎ登り状態のトレンドはどこまで上がるのか。
そして、この局面はどのようにトレードすればいいのか。

このあたり初心者のトレーダーの中には、判断が難しいと感じる方もいますよね。

こうした急上昇した局面において、

「トレンドの向きの判断が難しい」
「エントリーポイントを判断できない」

と、判断材料がなく曖昧な状況においては、無理してトレードするのではなく、強い根拠が示された相場だけを狙っていきましょう。

それでは今回は、その2回あった大きなトレンドの転換の捉え方についての詳細をお伝えしていきますね。

転換ポイント1

まず一つ目のポイントは、8月の上昇トレンドから9月以降の下落に転じるポイントです。
※縦の赤ライン以降が8月の相場です。
チャート
これまでのブログでも度々、活用するトレンドライン。この相場でも下支えになるラインを引くことができますね。

具体的に、画像で説明すると下のような引き方です。
※縦の赤ライン以降が8月の相場です。
チャート
黄色丸の3点のポイントで引いたラインを、黄色四角のポイントで下にブレイク。
さらに青のレジスタンスラインも一緒に切り下げているため、トレンドの転換だと判断します。

この局面でのエントリーポイントの判断は、「ブレイクエントリー」と「戻しを狙ったエントリー」の2つが考えられます。

しかし、この段階ではまだ一度しか下に切り下げておらず、だましの可能性があり、その後上昇することも考えられます。

なので、個人的にはブレイクエントリーではなく、下記の画像の損切ラインとなる直近高値付近の黄色丸のポイントの戻しで入っていくのがお勧めです。
※縦の赤ライン以降が8月の相場です。

もし、黄色丸まで戻しをつけずにそのまま下落することを想定して、この青の水平ラインでブレイクエントリーをする場合は、損切幅が広がるためロットを下げてエントリーするか、もともと1ポジションで持つ予定だったロットを分割しつつ黄色丸の箇所でのナンピンエントリーを仕掛けていくと良いでしょう。

そうすると、獲得できる利益額は下がるのですが、ロスカットにかかった際の損切額も減らせて、しっかりと損失を抑えることができます。

またその先の相場は下記の画像のように水平ラインを活用しながら、ダウ理論に基づいて、下落目線でエントリーと利確を繰り返していくと、そのあとの相場でも利益を狙っていけるでしょう。

その時のトレードは基本的に「高いところで売って、低いところで買い戻すという方法」で

◆戻し   ⇒ エントリー
◆直近安値 ⇒ 決済

を繰り返していく戦略がお勧めです。

転換ポイント2


続いては、9月初旬はじわじわと下落し、その後、9月の後半で一気に相場が伸びている相場について、その原因を見ていきましょう。

あの急激に価格相場が上がったのには、あるきっかけがありました。

それは、9月22日に行われたFOMCでの、パウエル議長の金融政策の引き締め発言。

そこから発生した急激なトレンド転換は、一度も大きな押し目をつけず、勢いを維持したまま上昇を続けているので、先ほどの大きな押し目や戻しを狙ったエントリーは困難です。

もし、この局面で大きな押し目をつけたポイントでエントリーを狙う場合は、「5分足、15分足」といった細かな時間足で押し目を見極め、エントリーポイントを見つけることですね。

それでは最後に、このトレンド相場以降はどのようにトレードしていけば良いのか、動画で具体的にお伝えしていきます。

今後の展望

10月の相場を踏まえた今後の展望は動画としてまとめております。
今後のトレードの参考になりますので、ぜひご覧ください。

<<10月の相場予測>>


※収録日時:9月30日

最後に

いかがでしたでしょうか?

冒頭でもお伝えしましたように勝ち続けるトレードを実践するためには、自分の得意な相場でトレードすることが大切です。

今月のように、自分が使っている手では強い根拠が見つからないこともありますし、もちろんエントリーできないときもあります。

もし、エントリーできなかったとしても「このトレンドで乗れなかった」と落胆する必要はありません。

しかし、そうした中でも検証を繰り返し行っていくことで「自分の得意な相場」というものが分かり、その一方で苦手な避けるべき相場も理解できるようになります。

ぜひ、今後のためにも検証と振り返りを続けてみてくださいね!